2009年04月06日

さくさく3回目

さてその後、アベはよくならず、悩みつつもより強い玉とは、どういうものかを探していました。
冬、例年のごとく手にあかぎれが出来る季節になり、皮膚がわれ始めました。そうなるとついめくったりし始めます。
そのため、親指にひどく傷が出来ますが、そのまま投げる、割れる、めくる、傷つくの繰り返しになり、とうとう彼女よりボウリング禁止が出され、指を見てから投げに行くようになりました。
その時、痛みがある状態ながら試合があるため投げに行き、翌日も彼女と投げに行ったときに親指が痛いから握れない、ではどうするかと考えやっと指全体で抑えるといいのではと考え付きました。
まあ普通の人なら当たり前に出来ることが1年ががりでわかったということです。
それからは握りこまずにすむので、軽く投げられるようになりましたが次はやはり落としやすくなりました。
そのためガターが頻発し、スコアが下がりました。
その時ショップで、仲のよい常連と話をしながら彼のボールを見たとき、インサートテープが通常のではなかったので聞いてみるとシリコン製の滑らないやつと教えられ、即購入即投げてみるといい感じでイメージどおりに投げられ、また副次的に親指の抜けが早くなりました。
しかしその投げ方で間違っていたのは、自己流でやっていたことで、親指のぬけがよくなることで、中指に負担をかけるようになり、痛めかかった。
そのころより、土山、二見の二箇所で、ワンポイントレッスンに参加を始め、自分の悪い箇所の修正を図りました。
レッスンにより、投げ方が大幅に修正され、斜行は禁止まっすぐ歩く、パワーはあり、スピードも十分にあるので、コントロール重視でプッシュアウェイの時大きく腕を出さずブレを減らす。
サムホールのゆとりが大きいので、背側にスポンジテープで調整しリリースのタイミングを一定にする。
というようなこと教えていただき、結果投げ方は一番最初の投げ方に戻りました。


同じカテゴリー(日記・雑記)の記事
 関西プロアマサーキット(神戸スカイレーン) (2012-06-24 23:05)
 ごぶさたしてます (2009-06-07 21:32)
 うーむ (2009-05-27 08:49)
 雑感 (2009-05-21 00:16)
 ちょっとしたこと (2009-05-05 20:08)
 リーグ戦 (2009-04-29 23:51)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。